ハンドメイド♪ 3種類のクリスマスリースの作り方♪


今回は、3種類のクリスマスリースの作り方をご紹介いたします。段ボールで土台を作って、ドライフルーツやモミボックリ等の飾りをつけていきます。
紙からモミの枝を作る方法も紹介されています。オーソドックスなタイプのクリスマスリースです。
手軽に作れますので、ぜひ挑戦してみてください。

☆(基本の作り方)赤いクリスマスリース

[材料と道具]

 段ボール
 包み紙、クラフトテープ
 白い紙
 絵の具        …緑、赤
 細いワイヤー
 スポンジ
 ハサミ
 モミボックリ、または松ボックリ 
 赤や緑のリボンを数種類
 金色の鎖
 接着剤かグルーガン

[作り方]

1. リースの土台を作る。段ボールをドーナツ型に切り抜く。くしゃくしゃにした包装紙をリースの表になる側に足して、クラフトテープを貼る。
2. 白い紙を緑色に塗り、ハサミで細長く切る。いくつかに折りたたんで、片側をハサミでフサフサに切る。
3. 二つ折りにしたワイヤーにフサフサに切った緑色の紙をずらしながら巻き付ける。何本かを束ねるとモミの枝が出来上がる。
4. モミボックリのうちの何個かを赤く塗る。モミの枝とモミボックリを接着剤でドーナツ型の土台に接着し、リボンと金色の鎖を巻く。土台が見えないように、かつバランス良く配置する。中央の上部には大きめの蝶結びのリボンを飾る。裏側に壁掛け用のワイヤーかヒモを付ける。

完成です♪このリースのお気に入りポイントは、モミの枝を紙から作る方法を紹介していることです。モミの枝は、こうすれば手作りできるんですね。ちょっと新鮮でした。

☆ドライフルーツのクリスマスリース

[材料と道具]

 基本の作り方で作った土台
 フェイクグリーンのモール、ヒイラギの葉っぱ、赤いボール
 ドライフルーツやドライフラワー
 フルーツの皮で作った星形の飾り
 麻ひも
 赤いリボン、鈴

[作り方]

1. リースの土台に、ヒイラギの葉っぱや赤いボールが付いたフェイクグリーンのモールを隙間がないように巻き付ける。
2. 麻ひもにドライフルーツやドライフラワーを通して蝶結びを作りながら、リースに巻き付ける。
3. 赤いリボンに鈴を通して、リースの一番上に蝶結びが来るようにする。

完成です♪こちらはグリーン素材にビニール製のモールを使用しています。すぐにリース作りに取りかかれるので手軽ですね。それに最近のフェイクグリーンは品質が良いので本物そっくりに見えます。ドライフルーツは100円ショップなどでも手に入るようです。

☆青と銀のクリスマスリース

[材料と道具]

 基本の作り方で作った土台
 モミボックリ、または松ボックリ
 フェイクグリーンのモール、ヒイラギの葉っぱ
 青や水色や銀色のボールや星形の飾り
 絵の具        …青、白、シルバー等
 銀色の鎖
 ラメ入りの塗料
 接着剤かグルーガン
 ヘアスプレー
 塩

[作り方]

1. モミボックリを絵の具で白や水色などの寒色系の色に着色する。絵の具が乾いたらラメを塗る。
2. グリーンのモールをちょうどいい長さにカットする。モミボックリやボールなどの飾りと一緒にグルーガンでリースに接着する。隙間がないようにバランス良く接着する。
3. 銀色の鎖を巻き付ける。リースの一番上で鎖を結んで、壁に掛けられるようにする。
4. ヘアスプレーを糊にして、塩を接着させる。

完成です♪グリーンのモールをカットして使っています。土台が見えないように隙間なく貼り付けるのがポイントです。塩をヘアスプレーでくっつけるアイディアも面白いですね。
 

ハンドメイド♪ 3種類のクリスマスリースの作り方♪まとめ

3つのリースの内2つにモミボックリが使われていますが、手に入らない場合は松ボックリで代用できると思います。
松ボックリなら庭に松の木があるご家庭もあるでしょうし、100円ショップ等でも販売されているので手に入れるのが簡単です。
 
モミボックリの方は、ショッピングサイト等で探してみましたが、残念ながら販売されていませんでした。
もし手に入れたいなら、ネットのオークションサイトが可能性が高いかもしれません。
 
さて、入手するのが難しそうなモミボックリ、調べているうちに需要はどのくらいあるのかが気になってきました。
親戚の家の山にモミの木が生えているかもしれないので(不確定です)、モミボックリを取ってきて、オークションサイトに出品したら売れるかな…?それには山に入らないといけませんが…。
それでは、今年も残すところ一月足らず。ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。