ハンドメイド♪ かぼちゃ3作品♪ アンティーク調のお菓子箱・馬車・本型の置物 ハロウィンに

ハロウィンが近いので、かぼちゃをモチーフにした作品をご紹介いたします。
いずれもアンティーク調のロマンチックな雰囲気で、女性に好まれそうなデザインです。
古い本や紙を使って、さらに黒インクで汚しながら作ります。
よろしければ挑戦してみてください。

☆紙で作るカボチャのお菓子箱

[材料と道具]

 好きな柄の厚紙
 割ピン 2個
飾り用の造花やパーツ、レース、メッセージカードなど
 黒インク、筆かスポンジなど
裁断機、またはカッターと定規
 一穴パンチ
 両面テープ、接着剤
 中に入れるお菓子

[作り方]

1. 好きな柄の厚紙を、裁断機かカッターで短冊形に切る。動画では16~18枚ほどで作っている。
2. 短冊形に切った厚紙のふちを、黒インクで汚す。
3. 一穴パンチで両端に穴を開ける。
4. 割ピンで片方の端を束ね、放射状に開く。
5. 放射状に開いた厚紙のもう片方の端を割ピンで束ねる。きれいな球型になるように、まず十字の位置にある厚紙をとめ、あとは順次バランス良くとめていく。出来上がった球型を軽くつぶし、形を整える。
6. 中にお菓子を入れる。
7. 飾りや造花を、黒インクで汚しながら、両面テープや接着剤を使ってバランス良く付ける。
完成♪

☆かぼちゃの馬車

[材料と道具]

 不要なかぼちゃの置き物(発泡スチロール製や張り子など簡単に表面を削れるものがいい)
 好きな柄の紙
 モッドポッジ(下地、接着、仕上げの3つの役割をこなすハンドクラフトの材料。なければ接着剤でOK)
接着剤
黒インク、スポンジ
 ナイフ、またはカッター
 窓枠、翼、車輪のパーツ
 花や鍵モチーフなどの飾り

[作り方]

1. カボチャの置き物にモッドポッジを塗って、ラメを覆う(ラメがはがれてくるために行ったと思われる。ラメが付いていない場合は省略していい)。
2. カボチャの表面に貼る紙をエンボス加工(紙の表面を凹凸にする加工)する。エンボス加工すると、紙がかぼちゃのカーブに沿うようになるらしいが、詳しいやり方は紹介されていない。省略しても良いと思われる。
3. カボチャの表面に貼る紙を小さく破いて黒インクで汚す。
4. “Shimmerz mist”というエンボス加工添加剤をスプレーする(エンボス加工しない場合は不要)。
5. 3.で破いた紙を、接着剤かモッドポッジでかぼちゃの表面に貼り付ける。布などで押さえながら行う。
6. かぼちゃの表面に窓枠の飾りの形を書き写し、クラフトナイフやカッターでその形に切り取る。切り取ったところが目立たないように、黒く塗りつぶす。
7. 好みの柄の厚紙を窓枠の形に切り取り、かぼちゃの切り取った部分に貼り付ける。
8. かぼちゃの表面に切り込みを入れて翼を取り付ける。切り取った跡が目立つようなら、中を黒く塗る。
9. 同様にしてかぼちゃの底に車輪を付ける。
10. 窓枠や他の飾りを接着剤で付ける。
完成♪

☆本で作るかぼちゃ

[材料と道具]

 不要な本
 ペン、ハサミ
接着剤
黒インク、スポンジ
紙製のタグや花の飾りやレースなどを好きなだけ
花の形の紙
つまようじ

[作り方]

1. 不要な本の表紙を切り取る。
2. 半分のかぼちゃの形を一番上のページに描き(完璧な形である必要はない)、一度に切り取れるだけのページをその形にハサミで切り取る。すべてのページをかぼちゃの形に切り取る。
3. 黒いインクでページの端を汚す。
4. 最初のページと最後のページを接着して、丸いカボチャの形になるようにする。きれいな形にするために2~3枚接着する必要があるかもしれない。
5. 紙製のタグなどの飾りをかぼちゃに付ける。花の形の飾りは黒いインクで汚す。花びらを立ち上げて、つまようじでカールさせて小さな花を、ペンでカールさせて大きな花を作り、何枚かを重ね合わせて貼り付ける。他の飾りもバランス良く配置する。
完成♪

これらの作品はハロウィン専用のものではありませんが、近頃のハロウィンはモノトーンやアースカラーなどの大人っぽいデザインが流行っているようなので、もしかすると流行にぴったりかも(?)しれません。三つとも個性的で魅力のある作品です。かぼちゃの馬車の作品は、シンデレラの物語が好きな方にも好まれそうですね。存在感抜群のかぼちゃ達、ぜひ作ってみてください!