ハンドメイド♪ ドライフラワーをきれいに飾って♪ アロマワックスサシェの作り方♪


今回のハンドメイドは、アロマワックスサシェの作り方です。
パラフィンワックス(ロウソクの原料です)等を好きな形に固めて、その上にドライフラワーを配置して作る、小さな飾りものです。
アロマオイルやエッセンシャルオイル等で香りを付けることもできます。
 
ご紹介する作品は、視覚的な部分に重点が置かれた作品です。
ドライフラワーを立体的に配置したデザインがとてもかわいらしいので、ヒモを付けて壁にかけたり、棚に置いたり、目につくところに飾ってお楽しみください。
 
動画を視聴する際は、字幕アイコンをオンにしてください。また、作品を作る時の注意点ですが、ワックスはキッチンの流し等に流さないでください。
常温で固体に固まるので、水道管が詰まる可能性があります。容器の底等に残ったワックスを洗う場合は、雑巾などできれいに拭きとってから洗ってください。
 
ドライフラワーを使ったハンドメイドが好きな方に、特におすすめです。ワックスでできた小さなキャンバスに、ドライフラワーで素敵な絵画を描いてください。

[材料と道具]

 パラフィンワックス、パームワックス、蜜蝋ワックスから好きな色のものを
 ドライフラワー、プリザーブドフラワー
 保温トレー
 アルミ容器
 シリコンの型
 着色剤 …この作品では「いろのもと」というキャンドル用着色剤を使用
 ピンセット
 カッター
 竹串
 アロマオイル …お好みで

[作り方]

1. ワックスはパラフィンワックス(半透明)、パームワックス(白)、蜜ろうワックス(淡い黄色)から、好みの色のものを使う。保温トレーにアルミ容器を乗せて、適量のワックスを溶かす。湯煎で溶かしても良い。
 
2. 溶けたワックスに着色剤を混ぜて着色し、シリコンの型に流す(1層目)。ある程度固まるまで、およそ5分間放置する。
 
3. もう一つのアルミ容器に、適量のワックスを入れて溶かして、シリコンの型の1層目のワックスの上に流し入れる(2層目)。表面に幕が張るまで3~5分くらい放置する。
 
4. 2層目のワックスが完全に固まる前に、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを埋め込むように配置する。
 
5. ワックスが完全に固まったらシリコン型から外す。
 
6. アロマオイルで香りを付ける場合は、ワックスの3~4%の量を目安にする。

完成です♪

ハンドメイド♪ ドライフラワーをきれいに飾って♪ アロマワックスサシェの作り方♪まとめ

着色剤はクレヨンでも代用できます。ちなみに、水性の塗料では着色できないそうです。ワックスと混ざらずに分離するそうです。
 
リボンやヒモ通し用の穴についてですが、動画で使われているシリコン型は、初めからリボン用の穴が開くように作られています。ただのまっ平らな型を使う場合は、ワックスがある程度固まってきた時に、箸などで開けたり、ストローをワックスの中に置いたりする方法が簡単なようです。
 
香り付けに防虫効果のあるエッセンシャルオイルを使って、タンスの中に入れておくという使い方もできます。防虫効果のあるエッセンシャルオイルは、ラベンダー等が一般的です。虫の種類は違いますが、クローブの香りはゴキブリ除けになります。ただし、市販の防虫剤ほどの効果は期待できません。
 
実は、このサイトでアロマワックスサシェをご紹介するのは2回目です。よろしければ、下記の記事もお楽しみくださいませ。
※参考記事:ハンドメイド♪ おしゃれなアロマグッズ フレーバーワックスバーの作り方♪