ハンドメイド動画♪ 粘着テープと新聞紙で作る電車のおもちゃ♪ かわいいです


今回ご紹介するハンドメイドは、丸めた新聞紙に粘着テープを巻き付けて作る電車のおもちゃです。
ちぎって貼り付けられた粘着テープの、端っこのボロボロ感と継ぎはぎ感が妙にかわいらしいですね。
 
芯はくしゃくしゃにした新聞紙です。綿が入ったぬいぐるみともまた違った質感で、ちっちゃい赤ちゃんのおもちゃにも良さそうです。
投げて遊んだりしても壊れないし、もし体に当たっても痛くありません。
 
また、小学生のお子様の夏休みの工作などにもよろしいかと思います。
こういう工作は、いくらでも凝って作ることも出来ますし、お子さんが自由な発想で作ると、大人でも驚くくらい素晴らしい作品ができ上ったりします。
プラモデルのような精巧な電車ではありませんが、絵本に出てくるようなかわいらしい電車の作品です。
 
好きな色の粘着テープを使って、都会をスピーディに走る電車でも、田舎をのんびり走る列車でも、好きなように作って楽しんでください。
貨物列車や蒸気機関車などを作っても楽しそうですね。蒸気機関車は作るのが難しいかもしれませんが…。楽しく作って、楽しく遊んでくださいね。

[材料と道具]

 新聞紙
 粘着テープ …緑、銀色、黄色、黒など、好きな色を数色

[作り方]

1. 車体を作る。新聞紙1枚を縦にくしゃくしゃにして、2回半分に折ったら(四つ折り)、握って四角い形にする。
 
2. 好きな色の粘着テープをぐるっと1周巻き付ける。
 
3. 粘着テープを3~4cm幅に切り、交差するように横向きに全ての四角の面に貼り付けながら、箱型に整える。
 
4. パンタグラフを作る。1.5cm×3cmくらいの大きさに銀色の粘着テープを切って、半分に折る。この時、1つの角は貼り合わせずに残しておいて、この部分で天井に貼り付ける。同じようにしてもう1個作る。
 
5. 好きな色の粘着テープで、車体のラインや窓などを自由に付ける。
 
6. 何台か作って連結させる時は、銀色の粘着テープを2cm×3cmの大きさに2枚切って、車両の連結部分を作る。

完成です♪
 
当方は田舎の人間なので、1両目が完成した時点で「完成だ!」と思ってしまいました。その後、あれよあれよという間に、4両編成の電車になってしまった…。電車にも地域性が出ますね。
1両編成の電車もかわいいですが、長い電車も賑やかな感じがして良いですね。おもちゃとして遊ぶのも、長い方が楽しそうですし。
 
8月も半ばになりました。小学生の夏休みは、この辺の地域は8月23日までです。なんか、昔よりもほんのちょっとだけど短くなってるような気が…。気温は高くなってるのに。さらに短くして、10日くらいにしても良いんじゃないかという意見も一部であるそうです。今の子供は大変だ!それでは!!