ハンドメイド動画♪ 楽しい夏休みの自由研究 ペットボトル風車の作り方♪ モグラ除けにも!


アルミ缶の風車の作り方を別の記事で紹介していますが、こちらのペットボトルの風車も夏休みの工作の定番です。
複数の色のビニールテープを貼ったデザインがかわいいですね。アルミ缶風車は提灯みたいな形ですが、ペットボトル風車は飛行機みたいな形です。お好みのほう、もしくは両方作ってみてくださいね。楽しいですよ。

ペットボトル風車には、モグラ除けの効果があるそうです。普通のお宅の庭に飾られているものは、お子さまが作ったんだろうなあと思いながら見ていましたが、たまに民家から離れたところにある田んぼや畑にも立てられていて、ちょっと不思議に思っていました。

あれはモグラを追い払うためだったのですね!確かに、モグラって意外といるんですよね。
うちの畑にもいますし。もし、モグラに悩まされていたら、お子さんにお手伝いさせて、いくつか作って設置してみるのもいいかもしれませんね。夏休みの楽しいお手伝いになります。

※参考記事:ハンドメイド♪ 楽しい夏休みの自由研究 アルミ缶風車の作り方♪ カラス除けにも

[材料と道具]

 ペットボトル  …六角形のもの
 ビニールテープ
 カッター
 ハサミ
 ペンチ
 電動ドリル   …キリでも代用可
 軸にする硬めの針金
 地面に立てるパイプや竹の棒

[作り方]

1. ペットボトルの側面を切って羽根を作る。平らな部分にカッターを入れる。手を切らないように注意して行う。羽の右側の付け根を1cmほど下げて、羽を起こした時に斜めになるように切る。切り終わったら、羽をペンチで立たせる。逆回りの風車を作りたい時は、羽の左側の付け根を下げる。
 
2. 羽に好きな色のビニールテープを貼って装飾する。
 
3. ペットボトルの底に、針金が自由に動く大きさの穴を開ける。
 
4. 口から針金を入れて、底の穴に通す。ペンチを使って、口のところで針金を曲げる。底の部分でも針金を曲げるかストッパーを付けるかして、ペットボトルが抜けないようにする。
 
5. 地面にパイプや竹の棒などを立てて、出来上がった風車をさして飾る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 楽しい夏休みの自由研究 ペットボトル風車の作り方♪ モグラ除けにも!まとめ

地面に立てるパイプですが、初めはただの棒でも別にいいのではないかと思いました。または、ベランダの手すりに直接くくり付けたり、軸の針金を長くして花瓶やペンスタンドにさしたり、風さえあればそれで回るのではないかと。でも、風の向きによって風車がクルクルと自由に動けるように、この部分はパイプを使うのが良いようです。もっと手軽な材料としては、他の人の作り方ですが、パイプの部分にストローを使っている例がありました。そう言えば、根元にストローが付いている風車、見たことあるかも…。手に持って遊ぶか、屋外に設置する場合は、ストロー部分で棒などにテープやひもを使って固定するかになると思います。

ところで、母から聞いた昔話しですが、猫はモグラを獲ってきても、絶対に食べないそうです。狩りをする猫の話しなので、昔の猫のことですが(今の猫は外出自由状態で飼っていても狩りなんかしません)、ネズミなど他の獲物は獲ってきたら食べる(内臓の一部は必ず残すそうです)のに、なぜかモグラは食べないそうです。猫と話せたら、理由を聞いてみたいですね。