ハンドメイド動画♪ 折り紙でこどもの日♪ 金太郎&兜(かぶと)の折り方

今回はこどもの日用の折り紙の動画の中から、兜と金太郎の折り方を抜粋してご紹介いたします。兜は折り紙で作っても良いですし、新聞紙で作れば実際にかぶって遊べるサイズになります。金太郎は2種類あるようなので、簡単な方をご紹介いたします。金太郎は五月人形のキャラクターとしても人気です。温厚な性格と、野生の熊をも遥かにしのぐ身体能力を併せ持つ金太郎。彼は、後に立派なお侍さんになって、後世に名を残します。まさに男の子の健やかな成長を願うのにうってつけの人物ですね。動画には他に桃太郎、それに鯉のぼりや飾りの土台になるリースもありますので、ご興味のある方は挑戦してみてください(折り方の動画は別になります)。
それでは、折り紙で作るこどもの日の飾り、楽しんで折ってくださいませ。

☆兜(かぶと)

[材料と道具]

 折り紙や新聞紙など 

[作り方]

1. 折り紙を三角形に2回折って、折り跡を付ける。裏を上にしてひし形の向きで台の上に置き、下の角を中心に合わせて折る。
 
2. 上半分を折り跡の通りに折り下げて、下向きの三角形にする。
 
3. 左右の鋭い角を真ん中の直角の角に合わせて折ってひし形にする。
 
4. 折り下げた鋭い角を上に折り上げる。
 
5. 上に折り上げた鋭い角を左右に折り下げて折り跡を付け、鋭い角が折り跡の位置に来るように折る。
 
6. 下の部分をバランスが良い位置で2回折ると兜の形になる。

完成です♪

☆金太郎2

[材料と道具]

 折り紙  体用:15cm×15cm、 顔用:11.7cm×11.7cm
 ノリ
 ペン

[作り方]

1. まず、顔を折る。折り紙を三角形に2回折って折り跡を付ける。台の上にひし形の向きに置いて、下の角を中心に向けて折り、さらにもう一回中心の線に合わせて折る。
 
2. 上の角を下の線に合わせて折って跡を付ける。左右のふちを下の二回折ったところに合わせて平行に折り、開いて上の折り跡と平行の折り跡が交わったところに合わせて両端の角を折る。
 
3. 折り跡を付けたところを折りたたむ。変形五角形になる。
 
4. 両端を裏側に折る。下の三角形の部分を裏で2回折る。顔の完成。
 
5. 体を折る。折り紙を裏を外側にして三角形に2回、四角形に2回折って折り跡を付ける。
 
6. 裏が出る状態で四角錐を平らに潰した形に折りたたみ、頂点を底辺まで跡を付ける。この折り跡と真ん中の折り跡が交差したところに合わせて、両脇を平行に折って跡を付ける。
 
7. 折り跡の通りに両脇を倒して、折り紙の表が正方形に出るようにする。
 
8. 裏にかえして、上にある二つの三角形をたたんでやや下に向くようにする(手)。
 
9. 下に広がっている大きな三角形の両脇の角を一度上に折り上げてから下に折る(足)。
 
10. お腹の部分を裏側に折る。足の先を内側に折って平らにする。
 
11. 頭にノリを付けて体に貼り合わせる。顔を書く。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 折り紙でこどもの日♪ 金太郎&兜(かぶと)の折り方のまとめ

兜をかぶったり、鯉のぼりにまたがったりしている金太郎、かわいいですね。ちなみに熊の折り方の動画もあるようです。かわいい熊なので、並べて飾ると楽しくなりそうです。
まだ5月なのに、夏のように暑い日が続いていますね。野外に出る時は熱中症に注意してください。それでは、楽しいこどもの日を!