ハンドメイド動画♪ パールの持ち手と水玉がかわいい!厚紙と布で作るお出掛けハンドバッグ

今回は、厚紙と布を貼り合わせて作るハンドバッグの作り方をご紹介いたします。
台形のフォルム、パールビーズを繋いだケリーバッグのような持ち手、水玉プリントの布など、とてもかわいらしいバッグです。
こちらの作品は、素材が紙と布だし、作り方も簡易的な部分があるので、もしかしたらお子さまのごっこ遊び用かもしれません。
でもとても可愛らしいハンドバッグで、デザインだけなら大人も欲しくなってしまいそうな感じです。こういうバッグひとつでお出かけできたら、おしゃれだし身軽だし、とても素敵でしょうね。実際にはもっと大きなバッグじゃないと間に合わないけど。
手順が多いので、作るのはちょっとだけ大変かもしれません。おしゃれな水玉のハンドバッグ、ぜひ作ってみてくださいね。

[材料と道具]

 型紙用の紙
 定規
 ペン
 厚紙
 水玉模様の布
 フェルト
 クラフトテープ
 両面テープ
 ポケット用の布とテープ
 グルーガン
 大きいサイズのパールビーズ
 パールビーズに通る太さのヒモ …丈夫なもの
 白い布と綿 …パールビーズがない場合のみ
 マジックテープ

[作り方]

1. 型紙を作る。A4の紙を縦に2枚貼り合わせ、動画1:10~の通りに線を引き、一方の角に丸みを付ける(本体前後面)。台形の型紙も作る(本体側面)。
2. 本体前後面の型紙の通りに厚紙を切る。布には約1~2cmの縫いしろを付けて切る。
3. 両面テープで厚紙と布を貼り合わせる。布の縫い代は裏側に折り込み、ミシンで1周縫う。
4. 裏側に両面テープで、ほんの数mmだけ小さいサイズに切ったフェルト生地を上から貼り付ける。
5. 型紙を当てて折り目の線を写し、定規などを使ってその通りに折る。
6. 内ポケットを作る。ポケット用の布の四辺に布製(?)のテープを貼り、1回折り返して接着する。これをバッグの内側にグルーガンで付ける。
7. 持ち手を作る。大きなパールビーズをヒモに通して作る(長さは25~30cmと思われるが、実際に合わせて決めたほうが良い)。
パールビーズがない場合は、動画で作っているように、8cm×35cmの白い布をひも状に縫って綿を詰め、一定間隔で縫い縮めてパールが繋がっているような形にする。
8. バッグの上面の端から4cmのところに小さな穴をあけ、持ち手の端を押し込み、グルーガンで接着する。上から円形のフェルトを貼る。
9. 本体側面の型紙の通りに厚紙を2枚切り、外側の水玉の布と内側のフェルトを貼る。
10. 真ん中で谷折りにしてから、グルーガンでバッグの前後面と貼り合わせる。
11. フタと本体にマジックテープを貼る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ パールの持ち手と水玉がかわいい!厚紙と布で作るお出掛けハンドバッグまとめ

作り方次第では、大人も使えるバッグが作れるかもしれませんね。改良するとしたら、作り方10.の組み立てのところでしょうか。グルーガンで貼るだけだと、すぐに壊れそうな気が…。

それでは、素敵なハンドバッグができ上がりますように!