ハンドメイド動画♪ トイレットペーパーの芯を使った鯉のぼりの作り方♪端午の節句


4月も半ばに突入しましたね。今回は、5月5日のこどもの日用の工作として、トイレットペーパーの芯で作る鯉のぼりをご紹介いたします。

簡単なので、幅広い年齢の方にご挑戦いただけますが、ペットボトルを切ったり、割りばしを短く切ったりする手順があるので、小さいお子さんや手の力が弱い人等が作る場合は、この部分はできる方が手伝ってあげてください。
この作品に使うトイレットペーパーの芯は、白いものがおすすめです。茶色い芯を使う場合は、必要な部分だけで良いので、白い紙を貼りましょう。
動画の中で作られている鯉のぼり、目が笑っています。こんな鯉のぼりもかわいいですね。ぜひ、挑戦してください。

[材料と道具]

 トイレットペーパーの芯 …2~3個
 折り紙
 空のペットボトル
 割りばし
 タコ糸
 輪ゴム
 はさみ
 のり
 ボンド

[作り方]

1. 折り紙を切り抜いて、鯉のぼりの目やウロコなどを作っておく。
 
2. 吹き流しを作る。細長く切った黒い折り紙をトイレットペーパーの芯の先端にぐるりと貼り付け、短冊形に切った折り紙を縦に並べて貼り付け、すそのほうにハサミで切れ込みを入れる。
 
3. 鯉のぼりを作る。まずトイレットペーパーの芯の表面に、青や赤の折り紙を貼り付けてから、目やウロコを付ける。しっぽをV字に切る。
 
4. 吹き流しと鯉のぼりの先端に、小さな穴を2か所開ける。
 
5. 空のペットボトルの底の部分を切り取る。底の部分の端のほうに、割りばしが通るくらいの穴を開ける。
 
6. 吹き流しと鯉のぼりを、割りばしにタコ糸で結び付けて(動画では、おそらくタコ糸を分解して使っている)、ずれないようにボンドで固定する。
 
7. 割りばしにペットボトルの底をはめ込んで、短く切った割りばしを輪ゴムでくくり付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ トイレットペーパーの芯を使った鯉のぼりの作り方♪端午の節句まとめ

この鯉のぼりは、自立するように工夫されているようですね。上手く立たない場合は、ペットボトルの部分に重りを乗せるか、またはセロテープ等をちょっとだけ付けて台に固定するといいと思います。それでも立たない場合は、ペン立て等に立てて飾ってください(笑)。
それにしても、今年は風が強いです。他の地域では例年と比べて風の強さがどのくらいなのか分かりませんが、この辺では冬の間ずっと強風が続いて、春になってやっとおさまったと思っていたのに、最近また復活しました。いい加減にそろそろおさまって欲しいですね。鯉のぼりもこんなに風が強いとあげられないですし。でも、さすがに5月には収まるだろうと思いますが。というか、早くおさまってくれ。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください!