ハンドメイド♪ お子さまが喜ぶお風呂グッズ♪ プロペラ船と入浴剤の作り方 簡単

11月26日のいいふろの日は過ぎてしまいましたが、お子さまが喜ぶお風呂グッズ2作品の作り方をご紹介いたします。
1作品目は牛乳パックで作るプロペラ船、2作品目はブクブク溶ける小さなおもちゃ入りの入浴剤です。
2作品とも簡単なので、お子さまと一緒に作ることもできます。
 
2作品目のような入浴剤は「びっくらたまご」と呼ばれているようですね。
他にも「びっくらたまご」に関する動画がたくさんありました。
 
みんなハート形やキャラクターの顔形などで、たまご型じゃないのがちょっと面白いです。
それでは、楽しいお風呂グッズ2作品、ご興味がありましたらぜひ挑戦してみてください。

☆牛乳パックのプロペラ船

[材料と道具]

 牛乳パック   1本
 割り箸     1膳
 輪ゴム     1本
 カッター、ハサミ
 布テープ
 セロテープ
 マジック

[作り方]

1. お好みで牛乳パックの表面に布テープを貼る。
2. 動画の通りにペンで牛乳パックに線を引き、カッターやハサミで切る。
3. 切り落とした牛乳パックの紙辺から、プロペラ用の部品を作る。
4. 船の屋根の前方部分を折って、セロテープで裏側から貼り付ける。かっこいい船室が出来上がる。
5. 船の後方の両サイドに、割り箸が8cm後ろに出るように布テープで貼り付ける。
6. 割り箸の先に輪ゴムを巻き付ける。
7. 輪ゴムに3.で作ったプロペラの部品を布テープで貼り付ける。
 
完成です♪
このプロペラ船は水陸両用だそうです!
これからの季節はお風呂でのんびり遊んでいると、冷えてしまう危険性大。
お部屋の中で走らせて遊ぶのがいいかもしれません。
 
このプロペラ船はゴムの力で動くおもちゃです
こういう単純なおもちゃが、実際に遊んでみると一番楽しいものですよね。ぜひお子さまと遊んでみてください。

☆びっくらたまご

[材料と道具]

 重曹     300g
 クエン酸   100g
 中に入れるマスコット(耐水性のあるもの)
 型
 霧吹き
 ビニール袋
 食紅(お好みで)

[作り方]

1. 重曹とクエン酸をビニール袋に入れる。色を付けたい場合は食紅も入れる。
2. ビニール袋の中身をよく混ぜ合わせたら、霧吹きで何回かに分けて水を加えて、手早く混ぜ合わせる。
3. ポロポロの湿った状態になったら型に入れる。手でぎゅっと押し固めながら行う。途中でマスコットを入れる。
4. 1時間から一晩ほど置いて乾燥させ、型から取り出す。

完成です!大人気のマスコット入り入浴剤が簡単に作れましたね。
アロマオイルを入れる場合は、オイルの種類に気を付けてください。
 
中にはお肌への刺激が強いものもあります。
入れる量は全体で1~3滴でいいと思います。ちょっと少なめがちょうどいいです。

お子さまと楽しめるお風呂グッズを2作品ご紹介いたしました。お風呂の温かさがありがたい季節ですね。大人も子供も素敵なお風呂タイムを楽しんでください。