【子供から大人まで】ハンドメイド♪ ペーパービーズで作るアクセサリー♪ 夏休みの工作にも(^^♪ 


「ペーパービーズ」。
初めて聞く名前だったのですが、これで作られたアクセサリーがかわいらしかったので動画を視聴してみたところ、なんとびっくり!
今から数十年も前に、姉とその友達が作っていたものではありませんか!

その頃、姉は小学校の中~高学年。私は小さかったので仲間には入れてもらえませんでしたが、ペーパービーズのことは確かに記憶しています。

作り方もほぼ同じで、姉たちは新聞のチラシで細長い形のビーズを作って、ネックレスにしていました。
懐かしいです(*^▽^*)


このペーパービーズ、どうやら日本よりも海外で流行っているようです。

ネットには外国語のサイトや動画がたくさんありました。広告や雑誌などの紙を使うところがエコロジーとしてとらえられているようで、“RECYCLED PAPER BEADS” という言葉が使われていました。
大人も子供も楽しく作れて、しかもエコなペーパービーズ、みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか?

[材料]

広告、雑誌、包装紙などの紙
糊またはボンド
コーティング用の透明なマネキュア(ニス等でもOK)

[作り方]

1. 紙を細長い形に切る。動画では広告を底辺が2cmの二等辺三角形になるように切っている。
2. つまようじに、1.で切った紙を巻き付け(底辺にあたる部分から巻き付けていく)、巻き終わりを糊で固定する。
3. 表面をマネキュアでコーティングする。
4. マネキュアが乾いたら、つまようじから外す。
ビーズの完成です!!完成したビーズを使って、アクセサリーやチャームを作ってみてくださいね(*^▽^*)

動画の中では、様々な形のペーパービーズが出てきます。
紙を切る時に、長さや切り方を変えることでビーズの形を変えることができます。

一例ですが、紙をクラフトテープのような細長い四角に切って作ると、一定の太さの、ロールペーパーのような筒形のビーズが出来上がります。
二等辺三角形に切ると、真ん中が太くて両端が細いラグビーボールのような形に、直角三角形に切ると円錐形のビーズに出来上がります。
球体(テニスボール型)のビーズは、二等辺三角形の底辺をラグビーボール型を作る時よりも短くすれば(または底辺の長さは同じで紙の長さを長くしても)作ることができます。
また、巻き付ける時に鉛筆を芯にして大きなペーパービーズを作ったり、材料に段ボールの芯の波型にプレスされている紙を使ったりと、様々なバリエーションで楽しまれているようです。

さて、小難しいことをいろいろ書きましたが、一番大事なのは楽しく作ること。
今回、とても印象に残っている動画がありまして、作り方が非常にアバウト☆だったのですが、とても楽しそうに作っていらして、作品もとても素敵なものでした。

作品に楽しい気持ちが出るのかもしれませんね。
楽しさはハンドメイドの醍醐味♪♪ 目いっぱい楽しんで作りましょう!!(^o^)/